プロフィール

株式会社モニターユ

Author:株式会社モニターユ


開業以来
接客と向かい続けて30年

会社のお悩み、ご要望を
接客面からサポートするのがわたくしたちの仕事です。

株式会社モニターユ

カテゴリ

最新記事

投稿掲載にあたって

皆さまよりご投稿いただいた文章を本ブログに掲載させていただいております。予めご了承下さいませ。
なお、お名前はニックネームの記載となります。

1. 個人情報の取扱いは、個人情報保護方針に従って対応致します。
2. ご提供頂いた個人情報は以下の目的に利用します。
・ 本サイトでのニックネームの表示
・ 投稿いただいた情報に関するお問い合わせ
・メールマガジンのご送付(ご了解頂いた方のみ)
・商品券のご送付

3. なお、投稿された文章は株式会社モニターユに帰属するものと致します。

姉妹サイト

QRコード

QR

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

階段の下で、おばあさんが、大きなキャリーバックをもって・・・・・・
名鉄百貨店の売り場にて。

階段の下で、おばあさんが、大きなキャリーバックをもって立っていると、

デザート売り場の店員さんが、歩み寄り、階段上りますか、

かばんを持ちましょうか、と声をかけていた。

さりげない行動で感心した。

(店名: 名鉄百貨店    ) 《No. 744  ひらひら》
スポンサーサイト

個性のある楽しい店員さん
百貨店のアクセサリー売り場です。

さほど好みではないヘアピンでしたが、店員さんが声を掛けてくれたので、(時間もあったので)
ちょっとの間話を聞いていまいました。

そしたら、思いのほかその女性スタッフの話が面白くて、ついついの話にのめり込んでしまいました。

とにかく、女性店員はこのアクセサリーのブランドが大好きで、
お客さまに購入されていく時はわが子が旅立つような思いだそうです。

そして、また店先に並んでいる子(アクセサリー)を早くお嫁に出してあげたいという思いで接客をしているそうです。

なので、自宅でも、アクセサリーのアレンジをあーでもない、
こーでもないといろいろ試行錯誤しているらしく、
見たこともない、だけどとても簡単で誰にでもできて、
見た目のかわいいヘアピンのアレンジの仕方を
何個か教えてくれました。

購入はしなかったけど(やはり趣味ではなかった)
「こちらこそまたぜひ、話し込んでしまってすいません」と感じ良く見送ってくださいました。
面白い店員さんだなぁと思いまいました。

(店名:    )

《No. 660 あげはちょう 》
女の子もほっとした顔をしながら小さく手をふって・・・・・・
ぐりとぐら展には、小さい子を連れた母親がたくさん来ていた。

原画だけでなく、絵本を拡大し、トンネルのようにした飾りもあったので、
子どもたちはうれしそうに展示を見たり歩き回ったりしていた。

でもひとりの女の子がお母さんとはぐれたらしく、店員さんに連れられていた。
子どもが泣き出す前に、女性の店員さんは女の子をだっこし、
お母さんを探そうね~と声をかけていた。

まもなくお母さんが見つかり、母親にだっこされながら店員さんの方をみている女の子に、
店員さんはにこやかに手をふっていた。

女の子もほっとした顔をしながら小さく手をふっていた。なんだか見ているこちらの心が温まった。

(店名: JR名古屋高島屋   )

《No. 655  本虫 》
No.148   投稿者 ペロリーニョ さん

無理に買わせようとする店が多い中、いろいろなものを積極的に提案してくれるが、無理強いせず買わなくてもいやな顔をせず対応してくれます。
買いたくなってしまいますし、またここで買いたいと思わせます。

店名: 大丸東京店のアンタイトル(服)


No.135   投稿者 あーたん さん

初めて自分でブランド物を買いに行くときいろんなブランドの店を回ったんですが、セシルの店員さんだけ声かけてきてくれて、服の説明やおすすめなどいろいろ親切にしていただきました。
それからセシルが大好きになってセシルばっか着てます。
(セシルマクビー)


No.127   投稿者 みい さん

私は買い物をするとき、特に服を買うときに店員さんに声をかけられるのが嫌いで、親切で、商売でやっているとわかっていても、思わず「ほっといてよ」と心の中で叫んでしまいます。
しかしある時そのお店で服を選びレジに並んでいると、レジ打ちをしていた若い店員さんが一言。
「爪とっても素敵ですね。自分でやられるんですか」会計をし終わって、荷物を受け取るときに言われました。
どうやらその店員さん、レジをするときにお客さんのファッションなんかを褒めるんですね。
だから私も何か言われるのかな、と思っていたらこんな小さな爪について言われるなんて思ってなくてびっくりしてしまいました。
でもそれは全然不快じゃなくて、むしろこんなに細かいことに気付いてくれた店員さんに感謝したくなりました。
やはりお店の重要なカギを握るのは、店員さんの仕事ぶりと接客にかかっているのだな、と感じた日でした。(LOB HOUSE)


No.1  投稿者 おだとも さん
これは新潟伊勢丹の上階でのお話。
今年の上半期に「タイ展」が開催されておりました。 そこで、植物の葉脈や魚の鱗を加工し作られたドライフラワーを見つけ、一目惚れで数本購入。とても繊細な作りでしたので、私も気を付けて歩いていました。
1階のバッグ売り場を通り過ぎようとしたところ「お客様、お花の長さがありますね。」とバッグ担当の店員さんが声をかけてきました。「これで少しは良いでしょう」花の形を崩さないように包装紙を丁寧に重ね「気は心と言うことでこれで許して下さいね」とのこと。
人が大切にしている事や物に気配り、目配り出来る店員さん。 とても感謝しました。お陰で花も綺麗に飾れています。

テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス