FC2ブログ
プロフィール

株式会社モニターユ

Author:株式会社モニターユ


開業以来
接客と向かい続けて30年

会社のお悩み、ご要望を
接客面からサポートするのがわたくしたちの仕事です。

株式会社モニターユ

カテゴリ

最新記事

投稿掲載にあたって

皆さまよりご投稿いただいた文章を本ブログに掲載させていただいております。予めご了承下さいませ。
なお、お名前はニックネームの記載となります。

1. 個人情報の取扱いは、個人情報保護方針に従って対応致します。
2. ご提供頂いた個人情報は以下の目的に利用します。
・ 本サイトでのニックネームの表示
・ 投稿いただいた情報に関するお問い合わせ
・メールマガジンのご送付(ご了解頂いた方のみ)
・商品券のご送付

3. なお、投稿された文章は株式会社モニターユに帰属するものと致します。

姉妹サイト

QRコード

QR

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

些細な気遣い
商品を入れた紙袋の口を留めるセロテープが剥がしやすいように
折り返しをつけているお店。
今では、いろんな店で見かけるようになりましたが
初めて見たときは『気が利いてるぅ~!!』と
ちょっとした感動でした。
感動する時って、大げさなことじゃなくて、
こんな些細なことなんだよねぇ♪《No. 830  ちょこれーと》
スポンサーサイト

たかが傘だけど…
傘の専門店に行きました。
偶然見つけたお店でしたが、入ってみると店員さんは、いろんな種類の傘の説明してくれました。
また、その説明が傘好きがにじみ出ていて聞いていてとても楽しかったです。傘はオリジナルのデザインばかりでなんとも個性的なお店で素敵した。《No. 827 あんぶれら》
紳士服店でこんなサービスが!!
先日、某紳士服店に家族で行った時です。
店内で商品を見ていると、
男性の店員の方が娘に「これよかったらどうぞ!」と
優しく声をかけてくれて、おもちゃを渡してくれました。《No. 818 ちいぱぱ》
雨の日あるある
コンビニにて

娘に頼まれた資料をコピーしに行った時のこと。
雨の日だったのですが、バイトくんが「これ、使って下さい」と言ってレジ袋を渡してくれた。
すごく嬉しかった。 《No. 807 ジル》
価格のプラスα
自転車屋さん
自転車がパンクしたので、スーパーの近くにある行きつけの自転車屋さんに修理に持って行きました。
先に買い物を済ませ、帰りに取りに行くと、汚れていた自転車がピカピカに。
剥げて茶色くなっていた白い塗装部分も白色に復活していました。
店のおじさんは、無口で何も言わないけど、いつもこんな感じで手入れまでしてくれます。
だから、自転車を買う時は、ここで買っちゃうんだよね~
これからもよろしくお願いします。
「行ってらっしゃい。気をつけてね!」
コンビニ
よく利用しているコンビニの店員さん。
おばちゃんなんだけど、出勤前に立ち寄ると、いつも高校生に、
「行ってらっしゃい。気をつけてね!」と笑顔で元気に声を掛けています。
見ているだけで、何だか元気が出てきます。 《No. 800 笑顔の隣》
イオンの専門店街で…
イオンの専門店街で雑貨を買った後、店内をウィンドウショッピングしていたら、
さっき買い物をした雑貨店のスタッフが、ものすごい真剣な顔で息をきらして走ってきた。
びっくりしていると
「傘をお忘れに……。まだ出ていらっしゃらないと思って……」と笑顔で。
走り回って探してくれたらしいです。いい人~!!
ありがとうございました。 《No. 799 イオン買い物大好き》
感じがいい!!
昔ながらのタバコ屋さん
80歳位のおじいちゃんが店番をしているんですが、いつもライターをくれます。
いつも1箱しか買わないので申し訳なくて、
「1カートン(12箱)ください」と言うと、
「1箱でええよ。ヒヒヒッ」と言って笑いながら、
タバコ1箱とライターを渡してくれました。 《No. 798 メガネ》
ロールケーキ
息子がロールケーキを買うと、いつもスプーンをつけてくれるそう。(新人さんはつけてくれないらしい) プリンやヨーグルトにスプーンはわかるけれど、ロールケーキは思いもよらなかった。でも、よく考えると、最近のロールケーキはクリームたっぷりなのであると食べやすい。なるほどと感心した。《No. 796 受験生》
感じが良い店は何回も行きたくなる!
食パン専門店のチェーン店でのことです。
食パン専門店ということで店内にいる時間はとても短いのですが2回いったときにはすっかりファンになってました。
初めていった時に2歳の息子に話しかけてくださり、私に確認をとってから息子にレーズンパンを試食させてくださいました。笑顔と、こちらに確認をする気遣いが自然で素敵でした。
1週間ほどおいて2回目の来店時、レーズンパンのお客様、と声をかけていただき、覚えてくださっていたことに感動しました。

それから何度か通ってます。
その店員さんではないことも多いですが大好きなお店になりました。《No. 794 m.f》