プロフィール

株式会社モニターユ

Author:株式会社モニターユ


開業以来
接客と向かい続けて30年

会社のお悩み、ご要望を
接客面からサポートするのがわたくしたちの仕事です。

株式会社モニターユ

カテゴリ

最新記事

投稿掲載にあたって

皆さまよりご投稿いただいた文章を本ブログに掲載させていただいております。予めご了承下さいませ。
なお、お名前はニックネームの記載となります。

1. 個人情報の取扱いは、個人情報保護方針に従って対応致します。
2. ご提供頂いた個人情報は以下の目的に利用します。
・ 本サイトでのニックネームの表示
・ 投稿いただいた情報に関するお問い合わせ
・メールマガジンのご送付(ご了解頂いた方のみ)
・商品券のご送付

3. なお、投稿された文章は株式会社モニターユに帰属するものと致します。

姉妹サイト

QRコード

QR

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

No.6   投稿者 まるっこみるく大福115 さん

私が思った感じの良いお店とは、店員さんのタイミングが良いお店です。
お店によってはオーダーを取るのが早くてせかされた気持ちになったり逆に遅くてイライラするなどありますが、そのお店はメニューを決めて落ち着いたところでサッと聞きに来てくれました。お水を継ぎ足しに来てくれるのも、ふと相手との会話が途切れた瞬間だったりと本当にナイスタイミング!!
きっとそれだけこちらを気遣っていてくれたのだと思います。
そうでなければできないサービスですよね。

スポンサーサイト

No.5   投稿者 サザエさん さん

家族でランチをしました。
その店は新聞記事を見て足を運んだもので車で40分かかります。
料理そのものは良かったのですが、帰宅してレシートを見たら金額が違っており、600円払い過ぎています。
電話をするとすぐに返金するとの返事。
翌日宅配が届きました。返金と共に、店で売っていたスイートの詰め合わせが送られていたのです。 大した詫びもなくボール紙に小銭を張り付けて封書で送ってくる店もかつてはありました。
それに比べると、間違いをおかした店ではありますが、十分の誠意に関心し、また行く気持ちになりました。


No.4   投稿者 まあ さん

昼ご飯を食べに行き単品を2~3品注文した時、大抵は忙しいから出来たものから持ってくるけど、そのお店は1人のお客さんの注文を調理し出来たてを同時に持ってきてくれる。
そのような心使いが嬉しい。


No.3   投稿者 華ちゃん さん

ずい分前になりますが、デパートの物産展で、ある地方の銘菓を購入し帰宅したところ、賞味期限が迫っていて憤慨しました。
他家へ訪問時の手土産用にも購入していた旨を、本店に苦情として伝えたところ、店主の丁寧な直筆の詫び状とともに「代わりの品」が送られてきました。
素早い対応と真摯な文面に感心し、以後その店のファンになり、旅先でも必ず買い求めるわが家です。


No.2   投稿者 COOL さん

コンビニで両手でおつりを渡してくれるところがある。
そこまでする必要はないという意見もあるが、私は賛成派。
両手で、しかも手を包み込むように渡されると、「ああ、ちゃんとお客のことを考えて出してくれるな」と思う。逆に、放り投げるように渡されると、「なんだこいつ」と思い、二度と来るものかと思う。
人はコミュニケーションと、接触によって親近感が強まっていく。
両手で、包み込むように釣り銭を渡すコンビニは、私の癒しの場所であり、一日の疲れをふっとばしてくれる場所なのである。


No.1  投稿者 おだとも さん
これは新潟伊勢丹の上階でのお話。
今年の上半期に「タイ展」が開催されておりました。 そこで、植物の葉脈や魚の鱗を加工し作られたドライフラワーを見つけ、一目惚れで数本購入。とても繊細な作りでしたので、私も気を付けて歩いていました。
1階のバッグ売り場を通り過ぎようとしたところ「お客様、お花の長さがありますね。」とバッグ担当の店員さんが声をかけてきました。「これで少しは良いでしょう」花の形を崩さないように包装紙を丁寧に重ね「気は心と言うことでこれで許して下さいね」とのこと。
人が大切にしている事や物に気配り、目配り出来る店員さん。 とても感謝しました。お陰で花も綺麗に飾れています。

テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス