プロフィール

株式会社モニターユ

Author:株式会社モニターユ


開業以来
接客と向かい続けて30年

会社のお悩み、ご要望を
接客面からサポートするのがわたくしたちの仕事です。

株式会社モニターユ

カテゴリ

最新記事

投稿掲載にあたって

皆さまよりご投稿いただいた文章を本ブログに掲載させていただいております。予めご了承下さいませ。
なお、お名前はニックネームの記載となります。

1. 個人情報の取扱いは、個人情報保護方針に従って対応致します。
2. ご提供頂いた個人情報は以下の目的に利用します。
・ 本サイトでのニックネームの表示
・ 投稿いただいた情報に関するお問い合わせ
・メールマガジンのご送付(ご了解頂いた方のみ)
・商品券のご送付

3. なお、投稿された文章は株式会社モニターユに帰属するものと致します。

姉妹サイト

QRコード

QR

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

笑顔のピザ屋さん
ピザの出前を頼んだ時に、ちょうどゲリラ豪雨でどしゃぶりになってしまいました。

「大丈夫かな・・」と思って心配していました。
けれど、程なくして持ってきてくれました。

ピザを受け取る時に
「ごめんなさいね、こんな雨のときに。」
と言うと、ピザ屋さんは

「いえいえ、有難うございます。いつでも遠慮なくお申し付けください。」
と笑顔で言ってくれました。とても嬉しかったです。

その人のような対応はなかなかできるものではありません。
私もどんな時にも笑顔で対応できる人になりたいと思いました。

(店名:   )

《No. 684 いちろう 》

スポンサーサイト

某スーパーのおばちゃん。
某スーパーのおばちゃん。

 ニッコニコの笑顔で、「いらっしゃいませ~」と挨拶をしています。

 引っ越してきて、初めて行ったのですが、「今日も暑いね~、今、惣菜のコロッケ揚がったところだよ」
 と声を掛けてくれました。

 営業的じゃない、自然と溢れる、あの心からの笑顔は

 心があったかくなります・・・。

 もちろん、このお店が行きつけのスーパーになりました♪

(店名:   )

《No. 683 にまめ 》


最後まで花火見て行ってくださいね
 飲食店で食事をしていると、近くで花火が始まりました。

 ちょうどその店から花火が見えたので、食事が終わっても話しながら見ていました。

 そうすると、「最後まで花火見て行ってくださいね」と言って、わざわざお茶を出してくれました。
 花火はゆっくり鑑賞できたし、嫌な顔をせずお茶まで出してくれた店員さんの心づかいが嬉しかったです。

(店名:   )

《No. 682 てふてふ 》
9月の当選者発表♪
ご投稿いただき ありがとうございます。
5月の当選者の方は


  福岡県  みなみ さん
  茨木県   ゆう さん   


709887.gif おめでとうございます ♪♪

      図書カード500円分をお贈りいたします。

   皆さまからのご投稿、お待ちしておりま~す。
     ご投稿は コチラ



なが~い接客 その後
以前に娘が楽譜も読めないのにギターを欲しがり飛び込んだ楽器店のお話を投稿させていただきました。

その後、娘はコツコツと練習を重ね、この秋には文化祭で有志で演奏にも参加しました。

ギター購入後、弦の買い替えや消耗品、楽譜の購入などその後も購入店との付き合いがあります。
娘はギター用品は全部その店へ行って買うことにしているようです。

理由1:顔を覚えてくれている
来店するたびに「ああ、久しぶりですね。練習は、はかどってますか?今日は何をお探しで?」と気さくに声を
かけていただけることが嬉しいようです。

理由2:親身なアドバイス
ギターの弦は結構頻繁に交換が必要なようで、初回の交換は購入店で手数料を払ってやってもらいました。
その時に弦の選び方や張り方を丁寧に説明してもらい「次は自分で張り替えられるようになろうね」と
励まされたのが娘には嬉しかったようです。その後、いよいよ自分で初めて張り替えようとしたとき、
「最初は安い弦を買って練習だと思って張り替えた方がいいよ!弦って思っているより切れやすいからね。
プチって切れちゃうと高い弦だと心が折れそうになるよ」ってアドバイスいただきました。
案の定、初回は張り替えに失敗し追加の弦を買う羽目になりましたが、さらに切らないコツも教えてもらいました。
今では自分で張り替えが出来るようになりました。

我が家からその楽器店までは自転車で20分位かかり少し不便です。
また通学の道中には別の楽器店もあるようです。ですが、娘は店員さんとの会話、
特に自分が少しづつ進歩している報告をしたくてどうしてもそこでしか買いたがりません。

お小遣いで買えるものなんてお店にしたらたいした売り上げにはならないと思うのですが、
毎回親切に接客いただけていることを親としても喜んでいます。

(店名:   )

《No. 681 あまのじゃく 》